無限のポテンシャル、臍帯血(さいたいけつ)

赤ちゃんとお母さんをつなぐへその緒を臍帯、そこを流れる血のことを臍帯血(さいたいけつ)と言います。出産時にへその緒を切ったときに採ることができます。
臍帯血には、身体のあらゆる細胞に分化することのできる幹細胞が含まれています。分化再生する幹細胞としてips細胞が有名ですが、臍帯血に含まれるのは赤ちゃんのすべての組織・器官を作る元となる、天然の幹細胞なのです。

臍帯血内の幹細胞を培養する際に生じる上澄み液から、コラーゲンなどの成長因子を大量に含んだHSCM100が作られます。このHSCM100をお顔に直接注入するのが「臍帯血再生因子療法」です。

その効果は、皮膚の若返りと機能改善、つまり「良い肌を作る」こと。
赤ちゃんのような柔らかいモチモチ肌になり、肌荒れ・乾燥・にきびなどの肌トラブルを防ぎます。

効果も安全性も高いHSCM100

森皮フ科クリニックで使用する薬剤はHSCM100。世界最大級の臍帯血バンクを持つヒューコード社により徹底管理して製造されています。他社製品より成長因子の濃度が抜きんでて高いのが特徴です。製造過程で使用される培養液は動物由来の成分を含んでおらず、安全性の高い薬剤です。

治療方法

お顔に麻酔クリームを塗りおよそ15分後に表面を麻酔します。
髪の毛より細い、三本の針のついた専用注射器でお顔全体に注射をします。注射回数は約100回、15分くらいかかります。

数日で効果が現れはじめ、数週間でモチモチが実感できます。
4週間おきに繰り返して注入することで、より強いモチモチ効果を継続して得ることができます。

お化粧・洗顔・入浴は、注射の6時間後から可能です。

料金

ご予約

臍帯血再生因子療法の予約はお電話で承ります。
 046-259-8600