グリシルグリシンによる毛穴治療

毛穴が目立つってどういうこと?

一般に毛穴の開きといわれるもの正体は、毛穴の周りの皮膚がすり鉢状に凹むことです。
毛穴が目立つ方の皮膚組織を調べてみると、他の部位と比べて毛穴の周囲の皮膚だけに角化異常が起こっています。
この角化異常の原因は、皮脂の中に含まれる不飽和脂肪酸であることがわかっています。 不飽和脂肪酸が毛穴周囲の皮膚に附着すると炎症性サイトカインを放出し、その部分の角化異常を引き起こします。

グリシルグリシン VS 毛穴

この不飽和脂肪酸によるサイトカイン産生を効果的に抑制するのが「グリシルグリシン」です。
表皮細胞内のイオンバランスをグリシン受容体を介して調節し、不飽和脂肪酸が出す信号をブロック、毛穴の開きを改善します。
「グリシルグリシン」はアミノ酸の一種であり、エビやホタテなどの魚介類やコラーゲンの中にも多く含まれているものですから、人体に対する悪影響はほとんどありません。

治療方法

クリニックでは クリニックでは
2週間に1度のペースでグリシルグリシンをイオン導入します。
5回から10回で毛穴がひきしまります。
ご自宅では ご自宅では
毎日専用のエッセンスを使用します。

料金