ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングとは、お肌に酸性の薬剤を塗布することにより、角質や表皮を剥離させる行為を総称して言います。現在日本では、グリコール酸を用いたケミカルピーリングが広く行われていますが、グリコール酸ケミカルピーリングは治療中の痛みが強く、また治療後のかさつきやかさぶたなどの副作用がでやすい治療です。
このため、当院では、ピーリングの目的に合わせ、

サリチル酸マクロゴール サリチル酸マクロゴール
TCA酸 TCA酸
のいずれかを用いて、より副作用の少ないピーリングを行っています。
ピーリングと同時にビタミンCイオン導入を行うことにより、美白・美肌効果がより高まります。

サリチル酸マクロゴールピーリング

強い酸であるサリチル酸を特殊な溶媒に溶かすことにより、酸の浸透を制限させ、角層のみに剥離効果が及ぶように調整を施してあるものです。非常に安全性が高く、副作用がほとんどありません。